冷え切った身体を一気にケアするにはバスタイムが大切!

160329 1

 

湯船につかってゆっくり温まりましょう

しっかり温めるためには湯船につかりましょう。

熱いお湯に入ると表面だけしか温まらないこともあるので、身体を芯から温めるには40℃前後のお湯に20~30分つかるのがオススメです。

湯船につかるゆったり入浴は、副交感神経のスイッチをオンにするので、血流が良くなって温まりやすくなります。

また、かけ湯をして入浴すれば体表温度も上がり芯からポカポカします。

 

朝は熱め、夜はぬるめの温度。代謝アップの秘訣は「湯温」

熱いお湯に入るとのぼせやすく、身体の表面しか温まっていないこともあります。

夜は38~40℃くらいのお湯にじんわり汗ばむ程度に入ると代謝が上がり温まります。

朝は、42~43℃くらいのやや熱めのお湯に短時間入ると身体がシャキッと目覚めます。

 

湯船の外でも温まるのに簡単・効果ありの「足湯」

髪や身体を洗う時に肌寒く感じるのは、身体の熱がどんどん奪われていっているから。

洗面器にお湯を張り足を入れる「簡単足湯」は、ほかほかボディを保ってくれます。

また、お風呂にお湯をためる時にふたを外すと蒸気で浴室内が暖まり冷え対策にもなります。

 

シャワーですませる時には

湯船につかる時間がなくてシャワーですませる時には、42℃くらいのお湯を首に3分ほどあてて、しっかり温めるようにしてみましょう。

首の前後には、太い血管(動脈)が4本流れているので、首を温めることで全身にあたたかな血流がめぐります。

そうすると深部からぽかぽかになり湯ざめもしにくくなります。

さらに、入浴後に湯たんぽやひざかけを使うことであたたかさを逃がさないようにしましょう。

おすすめの記事